TEL

外傷(骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲) | 八王子市・高尾・狭間駅 はざま鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

骨折の施術

骨折施術は一分でも早く八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院へ

痛めた場所を押したときに強烈な痛みが走るとき、または強く腫れているときは、骨折している可能性があります。骨折施術は八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院にお任せください。

転倒して手や肩を衝いたり、しりもちや足を挫いた後、痛めた場所を押したときに強烈な痛みが走るとき、または強く腫れてきた時、左右比べて形が違う等の時は骨折している可能性があります。骨折施術はぜひ八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院にお任せください。骨折は少しでも早く処置する事で痛みや腫れを抑えることが出来ます。

最近の登山、ハイキングブームにより骨折などのケガをしてしまう機会も増えているのが現状です。

当院で骨折施術を受けるまでの応急処置の方法として、痛めた部位を冷やし、動かさないように固定する事が重要です。
当院では骨折の整復も経験豊富なスタッフが対応させていただきます。

骨折の施術も極力痛みの少ない施術法にて行い、固定に関しても出来るかぎり身体に負担の少ない方法にてさせていただきます。
レントゲン検査が必要な際も近隣医療機関との連携も速やかに行っておりますのでどうぞご安心下さい!!

脱臼の施術

八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院の痛くない脱臼施術

脱臼は適切な施術をしないと一度はずれた部分は再び脱臼しやすくなる事が多く適切な脱臼施術が必要です。脱臼施術は八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院にお任せください。

激しい運動などで脱臼してしまった方は八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院で脱臼施術を受けましょう。脱臼とは関節がはずれた状態のことを指し肩、肘、指などでよく発症します。この症状は外見上独特な変形を起こし徐々に腫れや痛みが出現してきます。少しでも早く整復する事で痛みや腫れを抑えることが可能です。一度脱臼した部分は再び脱臼しやすくなる事が多く、適切な処置が必要です。

正確な状態を把握し適切な施術をうけることで、怪我の早期回復が望めます。注意する点として、癖になると容易に関節がはずれて(反復性脱臼)しまいます。ちょっとしたことでも関節がはずれてしまうので、激しい運動や身体を使う仕事をしている人によっては大きなリスクとなります。そのような事態にならないためにもスポーツなどで激しい衝撃をうけたら八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院で脱臼の施術をうけましょう。当院で適切な応急処置の方法、及びリハビリ、筋力トレーニングの方法を指導しますので、万が一のときの為に知識をつけておく事は大切です。

また小学校入学前のお子様がお友達と遊んでいたりお母様に手を引かれたりする事により起こる「肘内障」も肘の脱臼の1つです。亜脱臼と呼ばれるものではありますが、痛みで泣き出したり、腕を使わなくなってしまいます。そんな時も慌てず八王子市狭間町のはざま整骨院にご連絡、ご来院下さい!!

 

捻挫の施術

捻挫施術は八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院にお任せください。

捻挫とは関節をひねって痛めた怪我のことを言います。八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院では激しい運動や事故によって起きた捻挫施術に自信があります。

八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院では激しい運動や急に起きた捻挫施術に自信があります。捻挫とは関節をひねって痛めた怪我のことを言います。足首や膝関節に起こりやすく、関節に過度の負荷がかかり、靭帯(じんたい)と呼ばれる関節の動きを制限し安定させる組織を損傷してしまった症状です。捻挫は放置してしまうと治りが遅いばかりか、関節をかばうことで周りの筋肉が固くなり、そのため、関節の可動領域がせばまり、後の生活に支障をきたす恐れがあります。

このような事態を防ぐためにも早急に捻挫施術をうけることが重要です。実は良く耳にする「つき指」や「ぎっくり腰」も、これに分類されます。捻挫の特徴として、一度挫いてしまうと再度同じ場所を挫く(クセになる)という点です。当院では急性期には安静、圧迫、固定と患部の動揺を防ぐ施術、急性期を過ぎた後は手技療法、「整復調整法」を用い関節の動きや働きを正常に戻し、早期の回復、復帰を目指します!!
急に起きた怪我は早急な処置が必要です。そんな時には速やかにはざま整骨院にお電話・またはご来院ください!!