TEL

手足の痛み・シビレ(神経痛) | 八王子市・高尾・狭間駅 はざま鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

腱鞘炎・ばね指

八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院で腱鞘炎(ばね指)の施術

腱鞘炎の原因は「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」です。腱鞘炎の施術は八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院にお任せください。

腱鞘炎とは同じ動作を細かく繰り返すことによっておこる症状です。八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院では数多くの腱鞘炎施術法の中から早期に回復する方法をご提案いたします。
当院では発症を防ぐために効果的な予防法の指導を行っています。

手首や指を使うと違和感がある、痛いなど少しでも予兆が感じられるという方は一度八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院までお越しください。事前に予防することで発症を抑える事は可能です。その疑いがあるときは、八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院に御相談ください。腱鞘炎の原因は「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」です。筋肉の力を指先など四肢の先端に伝える紐状の筋を腱といい、腱を通す細いトンネル状の鞘(さや)を腱鞘といいます。この部分が同じ動作の繰り返しにより摩擦を起こし炎症が生じるものを云います。 整形外科病院で「ドゥ・ケルバン病」という病名が付き、何か悪い病気?なんて思ってしまった方もいるかも知れません。この「ドゥ・ケルバン病」手の親指を伸ばしたり開いたりする時に使う腱の炎症なのです。

「ばね指」も腱と腱鞘の部分での炎症ですが指を曲げる、物を握るなどの際に指が曲がったまま伸びなくなる・戻すときに引っ掛かる・痛みがあるなどの症状を訴える腱鞘炎のひとつです。特に親指、中指、薬指に多いと言えます。

筋肉の弱い女性妊娠中出産後の発症が多く報告されています。また職業によってはこの障害になる可能性がある人も数多く存在し、代表的な例としてパソコンのキーボード操作中華料理の鍋を振る料理人ピアニスト作家や漫画家など、特定の動作を細かく繰り返す仕事に就いている方に良く診られます。

こじれてしまうと治りが悪くなるばかりか暫く手首などを固定して安静にするような施術になり更に日常生活に支障が生じることでしょう!

そうなってしまう前に腱鞘炎・ばね指の施術は八王子市狭間町のはざま整骨院へご相談ください!!

シビレ(坐骨神経痛)

坐骨神経痛になったら八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院で施術

臀部(おしり)に痛みやシビレがいつまでも残る、じっとしていると太ももやふくらはぎ・むこうずねに鈍痛や違和感を感じる。少し歩くと激しく足が痛む、腰を動かすと足が激しく痛む等の症状は、坐骨神経痛の疑いがありますので早急な施術が必要です。八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院に御相談ください。

坐骨神経痛でお悩みの方は、八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院までお越しください。坐骨神経痛とは、お尻から足にかけて、なんらかの原因よって坐骨神経が圧迫されることによって痛む症状です。腰痛とともに併発することが多く、主な原因として椎間板ヘルニアが関係していると言われていますが、最近ではおしりの筋肉のトリガーポイントとよばれる硬結も原因の一つとされています。お尻に痛みやシビレがいつまでも残る、じっとしているとふとももやふくらはぎ・むこうずねに鈍痛や違和感を感じる、少し歩くと激しく足が痛む、腰を動かすと足が激しく痛む等の症状は坐骨神経痛の疑いがありますので早急な施術が必要です。

腰痛やぎっくり腰などは、安静にしていれば痛みがやわらぎ改善することがありますが、坐骨神経痛はただ安静していれば治るというものではなく、適切な施術やストレッチが必要になります。ただ無理に動かすとより悪化する事態になりかねませんので、発症の疑いがあるときは、一度八王子市狭間町のはざま鍼灸整骨院までお越しください。当院ではトリガーポイント施術を中心に痛みを根本から取る施術を行ない、普段の生活の中で少しでも改善するための運動療法やストレッチの方法をご指導いたします。発症する場所が一定ではありませんので、下半身の異常を感じたらすぐに当院までお越しください。